スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構図について

こんばんわ。GWもう終盤ですね。大方働き通してたけそです。


明日は少し撮影に出ようと思います。


今回のブログタイトルは「構図」です。



基本的な写真の構図と私の良く使う構図をちょこっと紹介しようと思います。



まず、構図の基本に「三分割法」というものがあります。

これは、カメラのファインダーを縦横にそれぞれ三分割にしてしまうものです。

例がこんな感じです。

三分割法


ファインダー上で見える画面を縦横に三分割するように線を二本引いてみると、交わる‘点’が4点出来上がります。

写真に写したいものをこの点の近くに寄せることで、写真の主題を明確化させる。

これが「三分割法」の利点だと私は思っています。





他にもこの三分割法にはこんな使い方があります。

三分割法2

これは「三分割法」を応用した形です。
写真のように、分割したブロックのいくつかにドカン!と主題を置いて撮る方法です。
このように「三分割法」は構図に置ける主題を明確にさせる役割を担っています。



この「三分割法」と写真の基本の横の水平を織り混ぜれば安定した写真は撮れますね。




構図の基本はこれだけです。


次は私の良くやる撮影法「斜め撮り」です。

これは単純明快。‘斜め’に撮るだけです。


でも、ただ斜めに撮るだけじゃ~芸が無いですよね。。




そこでいつも私がやるのが『30度』に傾ける撮り方。


斜め撮り
解説が雑なのはご愛嬌ということで・・・(今更ですが・・・w)

作例は架線柱に対して30度に傾けた作品。

主題は列車、副題は沈む直前の太陽ですね。

これを水平に撮ると

8-16-2011_006_R.jpg

こんな感じです。
太陽の位置などがありますけど、少し面白くないですよね。。

ちょっとしたスパイスを加える30度傾け撮影。ちなみに45度だとなんかやり過ぎ感があるので、あまりやらないですね。。
60度は縦アングルを30度傾けるのと同じなので(ry





撮影法の話はここまでですね。

撮影技術の流し撮りやバルブはひとそれぞれ色々なのでここでは割愛しておきましょう。


自分の流し撮りの基準は在来線では1/40sec以下だったり、人によっては1/125secという人もいますし、1/15sec以下という人もいますからねw




今日はこんな感じで。

参考・参照は下のリンクから。かなりハッとさせる構図も載ってたので、勉強になりました。


ではでは。


















(参考:参照HP「川名範幸のちょっといい写真が撮れるかも」 『写真の構図』http://space.geocities.jp/kawananoriyuki001/kouzu.html)
スポンサーサイト
プロフィール

けそ

Author:けそ
鉄道撮影紀 β へようこそ!
北海道を中心とした日本全国を駆け抜ける鉄道車輌の写真をお送りしています。

楽しんで頂けたら幸いです。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。