スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キハ183

 キハ183。

 北海道に四半世紀前に投入され、現在でも南は函館、北は稚内、東は網走へと足を延ばす特急型車両だ。


 初期型の車両は既に臨時の「旭山動物園」号に投入されていると「オホーツク」にしか残っておらず、国鉄色を纏っていた函館運輸所所属のキハ183-1・2、キハ182-1・2は海外譲渡され既に国内には存在していない。


 定期列車では「オホーツク」「北斗」「サロベツ」の三列車にキハ183が充当される。

 極稀に「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」またNN・N車両の「北斗」に故障が発生した場合、札幌運転所所属の初期型で組成された寄せあわせの代走編成が運用に就くことがある。

 この代走編成には予備として残っている、未改造の原型平屋グリーン車のキロ182-9(通称キロキュー)が連結されることがある。


 写真がその代走編成に充当された「スーパー北斗」
 近年キハ183には窓を補強するためにポリガードネードを装着しており窓枠が厳つくなっているが、キロキューにはポリガードネ-ドが付いておらず、目立つ存在となっている。

 
 海外へと旅立った函館の初期型のキハ183とこのキロキューがここ数年で残った最後のポリガードネード未装着の車両だったが、海外に渡ってしまいポリカードネ-ドを装着していない車両はついにこの車両のみとなってしまった。

 キハ183群の中で俄然注目されるようになった同車だが、神出鬼没なのもまた痛い所。


 代走北斗に入ったこの時もかなりラッキーだったと思う。


 次に会えるのはいつか・・・
 できれば非電化で・・・という気持ちも抑えきれないですね。









代走北斗
スポンサーサイト
プロフィール

けそ

Author:けそ
鉄道撮影紀 β へようこそ!
北海道を中心とした日本全国を駆け抜ける鉄道車輌の写真をお送りしています。

楽しんで頂けたら幸いです。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。