スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドビュー

サイドビュー。

いつもは、正面がちに撮っている列車を真横から撮る。

正面から見れない、列車の違う表情が見れる。

客車列車なら機関車のごつさ、客車の車内の様子。

蒸気機関車なら煙の盛り上がり。

ディーゼル機関車なら力行の瞬間の排煙が出る(エギゾースト)の迫力ある瞬間。

新幹線はその美しいまでの流線形。


サイドビュー。列車の真骨頂を見れる。そんな撮り方だ。










_MG_3266_R.jpg










_MG_3376_R.jpg












_MG_9294_R.jpg







_MG_1187_Rh.jpg







_MG_0457_R.jpg










_MG_6991_R.jpg







 今年の冬は冬らしい作品を撮らないで終わってしまいそうです・・・
 札幌は今日もプラスの気温。もしかしたら、このまま寝雪が無くなってしまうんじゃないのか・・・?
 そう思わせてしまう気候が続いていますね。


 今年の冬撮った作品を抜粋して、この記事を〆ようと思います。









_MG_9124_R.jpg


_MG_9079_R.jpg


_MG_9424_R.jpg


ではでは。

濃くもあり、薄くもあった遠征

こんにちわ。
先日遠征に行ってきました。

最終的な目的は300系のさよならのぞみ運転初日。

場所は湘南平から長玉で狙うもテレコンを忘れる失態を犯してしまい列車が小さくなってしまいました・・・なんてこった・・・


_MG_0126_R.jpg



_MG_9790_R.jpg


今回の遠征は撮影枚数が少なかったですね。写真自体はおおかったんですが、鉄道の写真ではありません。

津波の被害に遭った宮城~福島県境付近の写真が大半を占めています。
この当たりの写真はまた後日アップしようと思います。。


鉄は薄く、被災地の写真は濃く・・・そんな遠征でした。得るものは大きかったです。。


では、また近いうちにお会いしましょう。。

_MG_9587_R.jpg



雪がそこそこ降る今年の冬。

岩見沢方面は豪雪ですが札幌は言うほど降っていません。

適度な降雪なので、今年は豪快なシーンにはあまり巡り合えてはいませんね・・・


今日は除雪のシーンから。

夕陽に照らされる粉雪。綺麗でした。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



_MG_9396_R.jpg

新年明けて早々4日から8日に掛けて道東ー道北とハシゴをして撮影に出かけていました。








1-14-2012_010_R.jpg


メインディッシュは定期排雪列車、ラッセル。




1-14-2012_006_R.jpg

最北の地稚内へのドライブも個人的には楽しかったですね。


_MG_9530_R.jpg


同行してくれた関東と関西のM君、H君ありがとう!楽しかったよ!





_MG_9390_R.jpg


最終日の最後の日中撮影の終わりに出逢った光景。
この丘はほんとうに綺麗だっらな・・・




では、今年も更新頻度少なめですが、素晴らしい鉄道情景に出逢うよう古今東西、五里霧中で全国駆け抜けていきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

お久しぶりです

こんばんわ。記事を更新する度に「お久しぶりです」と言っているのは仕様ですw


最近の作品を少し載せてこの記事は終わろうと思います。

愚痴:RM見ごたえが無くて・・・



これから雪が降ってきます。新たな作風を考える勝負の冬が始まります。










闇夜を駆ける流れ星


札幌入線北斗星


レイルマガジン

こんばんわ。けそです。


今回は僕の毎月買っている雑誌「レイルマガジン」について、ここ数年の分岐点を綴っていこうと思います。



僕がレイルマガジンを初めて買ったのは通巻277号 「キハ52・キハ56・・・永遠の旅立ち」でそのクオリティに圧倒された事を覚えています。

_MG_2847_R.jpg


フィルムカメラ、デジタル一眼レフカメラを勉強する際にも、どのカメラ会社が良いのか・・・と作品の機材をずっと読んで結果Canonが良さそうと言う事で、Canonを選ぶことを決定的にしたのもこの号でした。
当時のCanonのフィルムカメラの大半がEOS1V-HSで撮られている作品が多く、ネットで調べてみるとなんとなんとかっこいいフォルム・・・一目惚れしてしまい、フィルムもいつかやるぞ・・・!!と意気込んだのもこの頃でした。
↓それから約3年半後にフィルムに手を出すことに・・・w

_MG_0125_Rh.jpg



さて、僕の一眼を始めたきっかけはここまでにしておきましょう・・・w







さて、ここ数年のレルマガは大きく変わりましたよね。

その大きなターニングポイントとなった号を今回は取り上げていこうと思います。



_MG_2842_R.jpg


まず、読者投稿にとって大きなメリットとなった2009-4「花道を去るEF66」が特集だった307号です。

ここで、今日の一枚のコーナーが一新!
カレンダーの作品のほかにも、見開き作品の「今月の一枚」と1ページに2~4作品をでかでかと載せる「TODAY's NICE SHOT!」のコーナーが新設されたことが挙げられます。

この号から一気にデジタルカメラ路線を本線にRMがしてきた感がありますね。







次のターニングポイントは、2010-3「さようなら北陸」が特集だった318号でしょう。


_MG_2843_R.jpg


この号から特集記事の写真募集はデジタル画像にのみ限定されてしまいました。

RMのフィルム作品に憧れてこの号が発売される数週間前にフィルムカメラを買った僕はこの報せに深く深く悲しみましたね・・・
作品投稿の面でレルマガは一つの可能性を切り落としてしまった・・・と、この号でやってしまったと思いますね。





さて、次のターニングポイントは今年の2号です。

まず一つ目は


_MG_2845_R.jpg

2011-8「2011夜行列車の世界」が特集の335号です。

「今日の一枚」の「今月の一枚」に採用されている写真に異変が起きました。

それまでの「今月の一枚」はWeb版「今日の一枚」にも掲載されず、門外不出のまま本誌で陽の目を見る素晴らしい作品ばかりでした。
しかし、この号からWebに掲載された作品が「今月の一枚」に掲載されるようになり、「今月の一枚」の有難みが大きく薄れてしまった感が拒めませんでした。




神聖なる「今月の一枚」が・・・RMの崩壊はここでまだ終わらなかった・・・


_MG_2846_R.jpg

今月のRM.2011-12「デジタル鉄道写真のウソ・ホント」が特集の339号です。

まず、特集の記事「デジタル鉄道写真のウソ・ホント」 鉄道誌の芸術部門担当と勝手に自分が位置付けているRMが、いまさらデジタル鉄道写真についてとやかく説明する・・・

余りにもRMは落ちたな・・・と思った瞬間でした。

他にも、今日の一枚掲載常連の手の内を明かすコーナー・・・そんなもの明かす必要もなく、行動力が全ての原動力であって、あとは撮影地の状況、そして撮影者自身のセンスが全てを決定付けるのが鉄道写真だと思っています。

機材の差も多少はあるかもしれませんが、行動力が有るか無いか。それで決すると思います。


それを「手の内」という形で表面だけ紹介するのはなんかあざといな・・・と思ってしまいました。


あと、鉄道ニュースを映画の広告調に紹介する新しい事もやっていましたが、あれもRMらしからぬ紹介の仕方だ・・・とおもっていまいましたね。。




あと、ここでは触れていないことで、2008年中盤頃の号から色合いが変な作品が多くなってきた事も挙げられますね。


この1年間の特集に使用されている画像を見て「これはやりすぎだろ・・・」という色調の作品が多々見受けられてかつてのフィルムの自然な階調が出す色合いの作品はどこへ行ってしまったのか・・・と、これまた悲しまずには居られません。。



自分は読者でもありますが、鉄道写真をこの5年半しっかりとやって来たつもりでいます。


だからこそ、鉄道芸術誌であるRMにはしっかりと地に足を付けて、頑張って貰いたいという願いが有ります。


どうか、RMのクオリティが以前のようになりますように・・・



自分も凄い作品群のなかに食い込める作品を撮れるように日々精進したいです。



それでは、長々と綴ってきましたがここまで読んで下さった方々ありがとうございました。


ではでは。

スキャナー

8-16-2011_001_R.jpg



 安物スキャナーを買った結果がこれですw

 ゆくゆくはしっかりとしたスキャナーを買いたいですね・・・

SLクリスマスin小樽

_MG_7155_R.jpg



過去作品。
C11-207牽引のSLクリスマスIn小樽と検査後の構内試運転に臨むC11-171が苗穂駅構内で並ぶ一瞬。

北海道の復活蒸気が並ぶ姿はSL冬の湿原号の重連運転ぐらいでしかないので、札幌圏でこういったシーンが展開されたのは非常に珍しかったと思います。


蒸気の息吹がひしひしと伝わってきていました。

石北行ってました

_MG_2473_R.jpg


石北でパンクになってきました(車のタイヤ的な意味で)


石北の常紋峠林道は去年と全く様相が変わってしまって車にとっては殺人的な道へと転身してしまいましたね・・・

あの道を通られる方はご注意あれ・・・自分みたいに痛い目に遭いたく無ければ・・・ww



総じて微妙な遠征でした。
プロフィール

けそ

Author:けそ
鉄道撮影紀 β へようこそ!
北海道を中心とした日本全国を駆け抜ける鉄道車輌の写真をお送りしています。

楽しんで頂けたら幸いです。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。